Author: よっぱらい | Date: 2014年5月10日 | Please Comment!


一般的な英会話の総体的な力を上昇させるためにNHKの英語教育番組では、課題に沿った対談形式で「話す力」が、そして英語ニュースや分かりやすい歌などの原材料でヒアリングの能力が、備えられます。

おしなべて英語学習という点ではディクショナリーを効果的に使うということは甚だ肝要なことですが、実用的な勉強の際には初期のレベルでは辞書を引くことに頼らないようにした方が早道になります。

どのような理由で日本の言葉では英語の「Get up」や「Sit down」という場合に2つの語を離して「ゲット・アップ」「シット・ダウン」という感じで発音する人が多いのか?このような言葉は「ゲラッ(プ)」「セダン」等と言う方がよりベターだ。

英会話の場合に覚えていない単語が入っている場合がよくあります。そんな場合に効果があるのは話の前後からなんとなくこのような内容かと想定することです。

Leave a reply!

You must be logged in to post a comment.