Author: よっぱらい | Date: 2014年5月11日 | Please Comment!


英語を自分のものにするためには、始めに「英文を読むための文法」といった基本ルール(文法問題を読み解くための暗記学習と仕分けしています。)と「最低限のボキャブラリー」を体得するだけの学習時間が不可欠です。

英語の試験勉強などの技能を高めるだけでは英会話にはあまり役立たない。知識に代わって英語を使って理解・共感する能力を向上させることが英語を使うために着実な課題であるとみなしている英会話教育法があるのです。

最近よく聞くロゼッタストーンでは、きちんと翻訳してから次の言葉を考えたり、単語や文法等をそのまま単に丸暗記することはなく、日本を離れて日常生活を送るように自ずと外国語そのものを身につけます。

全体的に英和・和英辞書等の様々な辞書をj駆使することはすごく有意義ですが、英会話学習における初級者の段階では辞典そのものに頼りすぎないようにした方がよいと思われます。

Leave a reply!

You must be logged in to post a comment.