Author: よっぱらい | Date: 2014年7月5日 | Please Comment!

化粧品の中でも美容液と言われると、高い値段でこれといった理由もなく上等な印象を持ってしまいがち。年代が上がるにつれて美容液への思いは高まりますが、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などの考えで今一つ踏み出せない女性は多いように感じます。

洗顔料で顔の皮脂汚れなどを落とした後は何もせずに置いておくと化粧水の保湿成分の吸収率は低下します。また顔の汚れを綺麗に落とした後がもっとも肌の水分が少ない状態になるので、なるべく早く肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をつけるようにしないと乾燥が酷くなります。

身体の中のコラーゲンは伸縮性を持つ繊維性たんぱく質で細胞をしっかりと密につなぐ役目を持ち、保湿成分として有名なヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在することにより、水分量が不十分になることを阻止するのです。

肌に本来備わっている防護機能によって水分が逃げないように守ろうと肌は努力しているのですが、その大切な働きは歳をとるとともに衰えてしまうので、スキンケアによる保湿で必要な分を補充してあげることがとても重要です。

Leave a reply!

You must be logged in to post a comment.