Author: よっぱらい | Date: 2014年7月19日 | Please Comment!

主人公のケルト人であるマイロ(キット・ハリントン)は、将軍時代のコルヴィス(キーファー・サザーランド)が皆殺しの手法で鎮圧した『ケルト(遊牧民)闇金相談 岡山反乱』の最後の生き残りで、ローマ帝国に対する憎悪と復讐心を持ち続けている。

マイロは決してローマや元老院のいうことを信じないが、マイロと友情を深めてゆく最強のグラディエーター(剣闘士)であるアティカス(アドウェール・アキノエ=アグバエ)は『ローマの法の支配』を信じており、コロッセオで後一勝すれば自由な市民になれると信じている。

だが、アティカスの『ローマ法への信頼(理不尽な奴隷の酷使をしても法治主義であるローマは、法を守って自分を解放してくれるはずという素朴な思 い)』は、コロッセオへの『完全武装した大量のローマ兵団の投入(マイロとアティカスに対する間接的な公開処刑の構え)』によってあっさりと裏切られる。

Comments are closed.