Author: よっぱらい | Date: 2014年7月20日 | Please Comment!

お地蔵さんの後ろの茶色くなったところが、除草剤を撒かれたところである。

辺りを見ながら、お世話をしていた人の話を立ち聞きしていた。
「このごろ足が痛くてね」
「ワシも膝が痛いであかんわ」
「年取ったら無理せんことだわ」
「無理しちゃあかん」
この会話で心が和んだ。
本当です、こういう殺伐とした事件が多いと思います。
何年か前は駅前の開花直前のチューリップがみんな折られてしまいました。
ここまで育てた人たちはがっかりしていました。
新たに植えられたヒガンバナがきれいに咲くことを祈りたいです。
いつも見守って下さるお地蔵さまも、残念で悲しい思いをされていることでしょう・・・
秋に綺麗な彼岸花が見られることを祈っています。
実は、私の故郷にも、私の家族がお世話をしているお地蔵様がおりまして、母と伯母がみています。けれども、ふたりとももう高齢です。伯母はおそらくもう出かけられないし・・・。どうしているだろう・・と申し訳ない気持ちになりました。母と話してみます。

Comments are closed.