Author: よっぱらい | Date: 2014年8月16日 | Please Comment!

英会話における緊張に慣れるためには、「長い時をかけて英語で会話するチャンスを1度だけもつ」場合に比較して、「短時間だが英語で会話するチャンスをふんだんに作る」場合がはるかに優れています。

ある語学スクールでは日常的に行われている階級別のグループ単位の授業で英会話の講義を受け、そののちに英語カフェで実際の英会話をしています。学び、かつ使う事が大切なことなのです。

私のケースでは、リーディング学習というものを多くこなすことにより、表現というものを多く備蓄してきたから、他のリスニング、ライティング、スピーキングというような技能は、別個によくある学習材料を2、3冊やるのみで足りた。

暗記して口ずさむことで英語という言葉が頭の中にインストールされているから、早口でしゃべる英語会話というものに適応していくには、そのことをある程度の回数重ねることができれば、できるものなのである。

Comments are closed.