Author: よっぱらい | Date: 2014年8月25日 | Please Comment!

値段だけで会社を候補にあげると、他のサービス面で不満が出ることもあります。
昔、赤帽で引越したことのある親せきが言うには、「低額な引越し料金は嬉しいのだけど、手際の悪い赤帽さんとやり取りすると良い気持ちにはなれない。」などという感想が多々あります。

運搬距離と運送品のボリュームは当たり前ですが、タイミングでも料金が安くなったり高くなったりします。一際引越し会社が忙しくなる入学式の頃は、それ以外の時期と比較すると相場は上がります。

一緒の引越しの種類だとしても各業者により「専用のダンボールの料金」、「ダイニングテーブルなどの調度品は何平方メートルくらい見積もるべきか」等の基軸はまちまちなので、それに比例して料金も異なってしまうのです。

県内の引越し料金をネットのフォームでいっしょくたに見積もり要求するケースでは、複数請求しても課金されることはないので、少なくない会社に要望を出したほうが良心的な会社を比較しやすくなるみたいです。

Comments are closed.