Author: よっぱらい | Date: 2014年10月5日 | Please Comment!

『日の本を仰ぎ見る朝の鮮やかな国』が、李氏朝鮮の命名の由来であるのだから。
日本人拉致問題をめぐり中国・瀋陽で29日に開かれた日朝協議で、北朝鮮の宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使が日本側に「(再調査は)初期段階であり、 具体的な調査結果を報告できる段階にはない」とした上で、詳細な説明は日本側が平壌を訪れ、責任者から聴取するよう求めたことが30日、分かった。
政府は 北朝鮮側の意図を分析するとともに、担当者を平壌へ派遣する方向で調整に入った。  
日朝協議に出席した外務省の伊原純一アジア大洋州局長は30日、安倍晋三首相と岸田文雄外相に協議内容をそれぞれ報告。この後、首相は首相官邸 で記者団に対し、日朝協議で宋大使が「科学的かつ客観的な調査に着実に取り組んでいる」と語るとともに、「調査の詳細な現状については平壌に来て、特別調 査委員会のメンバーに直接会って話を聞いてほしい」と要請したことを明らかにした。

Comments are closed.