Author: よっぱらい | Date: 2014年10月11日 | Please Comment!

当時はソチオリンピック開幕直後だったので新垣氏に対しての見方も厳しいものがあったが、それは『信頼できる記者(ライター)』を探していたのだと思う。 実際、その後、佐村河内氏も新垣氏の真似をして『単なるオッサン』として記者会見をしたが内容は全く逆で言い訳と逆ギレばかりだった。 ここで決定的に新垣氏と佐村河内氏に対する見方が決定した。
「(比較的)真摯な態度で真面目な新垣氏」と「(あからさまに)嘘つきで胡散臭い佐村河内氏」だ。 また、ワタミと同じ『ブラック企業』と言われた『ユニクロ』も最近ではあまり聞かない。 何処が違うのか? ユニクロの柳井正氏が語る価値観は多くの人が受け入れることが難しい。 しかし、彼はちゃんと自分の主張を具体的に話し、間違いを認め、訂正する部分は訂正した。 ワタミの渡邊美樹氏は終始、精神論と責任を他に擦り付け続けた。

Comments are closed.