Author: よっぱらい | Date: 2014年11月5日 | Please Comment!

しかしながら、日系や台湾系をはじめとして調達先を徐々に拡大していることも事実です。調達先を切り替えて、製造ノウハウを取り戻してからでも、遅くは無いと考えているのではないでしょうか。

最後は、サムソンが一定のシェアを持っていることがアップルの利益になっているという側面があると推測されることです。今すぐにサムソンを叩き潰しても、細々と続けている日系や欧米系のスマートフォン業者がサムソンに代わるライバルとして成長する可能性があります。それよりは、サムソンを生かしておいてアップルとサムソンで他の企業を淘汰してからサムソンを潰した方がインプラント 福岡市場を簡単に独占できると考えているのではないでしょうか。

それもこれも、将来にわたっても技術的に常に先行できるという自信があるからこその戦略だと思います。サムソンが生き残るには、数パーセントでよいから、主要技術の中でアップルに圧勝できる分野を持つことだと思いますが、サムソンは自社で培養した技術ではなくアップルに教えてもらったり、日本の技術を模倣して自社の技術としている側面があるので、かなり大変だと思います。

それにしても、本当にこんなことを考えてアップルが和解に応じるなら、アップルって本当に怖い企業ですね。

Comments are closed.