Author: よっぱらい | Date: 2014年11月9日 | Please Comment!

ましてや小学館は、朝日新聞が捏造をジャーナリズムと称して垂れ流した事を90年代に批判してきました。

最近、批判した朝日新聞にどんどん似てきて失望しています。

雑誌を直に買いましたが、今日タトゥー除去 東京コンビニや書店から返本されたので、これから詳しく読みたい人の為になるとおもいます。

本当にありがとうございます。

救済案も考えずに福島は、危険といい放つのは結局差別に過ぎません。

政府や東電は住民を見殺しにしてると言ったところで、自分達は地元の声をシャットアウトしてます。

そういう無意識なのか確信でやってるのか分からない発言は、自分は被災地の為に動いている人を擬装しながら、大嫌いな政府と東電を叩く大義名分にしただけだと思っています。

だから、沢山の人が美味しんぼに怒りを感じたし、鼻血町長も職を失ったと思います。

Comments are closed.