Author: よっぱらい | Date: 2014年11月29日 | Please Comment!

グローバリゼーションと市場原理主義の基本的性格であり、グローバル市場で儲かれば儲かるほどに企業とそこで働く人の国籍は次第に薄れて いく。
だが、一部のグローバル・ガバナンスの関与者や国際金融資本が、訳あり蟹通販自国民を忠誠心のある労働力や愛国者として道具化するシュールかつ傲慢な構図に、乗っかりすぎないように注意することも大切だと思わされる。
国を愛するというのは本来「自分の生まれ育った場所が好き」という人間的に素朴な気持ちなのですがそれが一部の人たち(政治家や企業家に限らず)によってお国のためなら滅私奉公・国の命令には文句を言わずに従う”忠誠心”にすり替えられている様はまったくもってグロテスク極まりないものです。しかも彼らはここで奉公の対象・命令を下す”国”とは具体的に誰なのかを、まともに語ることはありません。

Comments are closed.