Author: よっぱらい | Date: 2014年12月10日 | Please Comment!

メンタルに傷を負い悄然としている依頼主の弱みにつけ込むたちの悪い探偵事務所も存在するので、信じて調査を任せられるか微妙だと思ったら、契約書へのサインはちょっと待ってしっかりと考えることが大切です。
良い仕事をしてくれる探偵事務所や興信所が多くある中、苦境に陥っている顧客 につけこんで来ようとする低劣な調査会社が同じくらい多く存在するのも事実です。
医師の夫の不貞行為についての調査を依頼する際には、数軒の業者から見積もりを取る「相見積」で数か所の探偵業者に完全に同一の内容で見積書を出してもらい詳細に検討することが望ましいと思われす。
不倫という行為は民法第770条に掲げられる離婚に関する事由にあてはまり、家庭がめちゃくちゃになったという事実があれば結婚生活上のパートナーに裁判に持ち込まれる状況になることもあり、謝罪や慰謝料等の民事責任という法律上の責任を負わなければなりません。

Comments are closed.