Author: よっぱらい | Date: 2014年12月15日 | Please Comment!

花咲ガニ、このカニはどんなカニと見比べても数そのものは少なすぎるほどで、漁猟のできる期間は短期間、7月~9月頃までとなっており、それにより、味の最高潮は9月から10月のみと非常に短いです。

ダシの効いている松葉ガニも珍しい水ガニもいずれもズワイガニのオスとなっているのです。かと言って、均等な甲羅の容量でも松葉ガニの価格は高額に付けられているのに、水ガニは結構安く販売されています。

種類がたくさんあるワタリガニはカニ下目の内のワタリガニ科に属するカニの総じた名前で、国内では15cmほどあるガザミやあさりなどを食べるタイワンガザミを筆頭とする研究される事もあるガザミ属を指し示す呼称となっているのです。

普通の毛ガニは甲羅の長さが10~12cmくらいのそんなに大きくないカニで、漁獲の始まりは紫色のような褐色に見えるでしょうが、茹でた後になるとシャープな赤色に変化してしまうのです。

Comments are closed.