Author: よっぱらい | Date: 2015年1月12日 | Please Comment!

記事によると、すき家の小川賢太郎社長は「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている」と言う。
きっとこ れはすき家が人員不足に陥り、営業ができない店舗が100を超えるという異常事態に直面していることを受けての発言なのだろうか。
しかし、よく考えてみる と、すき家は3Kなのだろうか?「きつい、浮気調査 埼玉汚い、危険」という三要件に当てはまるのだろうか。 まず一般的な飲食業について考えてみたい。
先に述べたように、従業員にとって、確かに「きつい」のは間違いないだろう。だが「汚い」というのはど うだろうか?
別に泥や土にまみれるわけでもない。清掃を厭うものにとっては「汚い」ということも有るかもしれないが、せいぜい店舗のトイレの清掃ぐらいし か、それほど「汚い」と思えるような仕事はないように思う。それでは「危険」なのであろうか?

Comments are closed.