Author: よっぱらい | Date: 2017年5月6日 | Please Comment!

大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分けることができますが、中耳の部分に黴菌やウィルスが付着して炎症が発生したり、体液が滞留する症状が中耳炎というわけです。
基礎代謝というものは人間が何もせずに横たわっていても燃焼する熱量のことですが、半分以上を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が占めているということです。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気ではなくても症状が現れることがあるので急を要する心臓疾患でないとはいえ、発作が幾度も繰り返して起こる時は危険だといえるでしょう。
脳内のセロトニン神経は、自律神経を調節したり痛みのブロック、あらゆる覚醒現象などをコントロールしていて、気分障害(うつ病)に罹患している人は作用が鈍くなってることが分かっている。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)という有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素の効率的な生産を促進しているかもしれないという因果関係が明らかになりました。
毎日ゴロンと横向きになったままでTV画面を見ていたり、デスクの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴等を履くといった癖や習慣は体の左右の均衡を悪化してしまう主因になります。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がマヒしたり脚の著しい浮腫などがよく見られ、症状が進んでしまうと、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全も起こす可能性があるようです。
ピリドキサールは、かの有名なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーを活用するのに欠かせない回路へ導入するために更に細分化するのを促す作用もあるのです。
日本における結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に従ってなされてきましたが、56年後の平成19年から数多くある結核以外の感染症と一緒に「感染症予防法」に沿って行われることが決定しました。
吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器)から血が出ることであり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある消化管から血が出る症状を表しているのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無くなってしまった後に購入できて、新薬と同一の成分で負担が小さい(薬代が廉価な)後発医薬品のことを指します。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を低下させたり変異を招く人体に悪影響を及ぼす物質を体の中で解毒し、肝機能を促す特性が認識されています。

Comments are closed.